仕事は暇だけど「仕事ください」と言ってまわるのはもう嫌です。

仕事暇すぎ

広くもない社内を「仕事ください」「お手伝いできることありませんか」と言ってまわるもじゃこです、こんにちは。正直もう嫌です。うんざりです。

 

 

自分の仕事は1時間くらいで終わってしまうので
残りの時間は周りに手伝えることがないか、何か仕事がないか聞いたり探したりしてまわっているんですが

 

 

もーーーーいやですね。
疲れました。

 

 

色んな人に断られながら「仕事くださーい」「仕事ありますかー?」と言ってまわる日々。
なんかもうマッチ売りの少女みたいじゃない…?

 

 

今回は同じように「仕事がなくて毎日頑張ってやれることを探しているけど、もううんざり!」という方に向けて

  1. 仕事をくださいと言ってまわる日々の苦悩
  2. その苦悩の解決策と逃げ道の作り方

についてご紹介していきます。

 

 

 

真面目で頑張り屋さんの人ほど苦しみます。
大事なのは!逃げ道を用意することですよーーーーーー!

 

 

精神的に追い込まれてしまう前に、どうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク

仕事ください、お手伝いありませんかと聞いてまわるのがもう嫌だ

感情のままに書きますが、もう正直「仕事ください」「お手伝いありませんか」と聞いてまわるのは心の奥底から嫌です。うんざりです。

 

 

最初の方は良かったんですよ。仕事がもらえれば時間もつぶれるし。
でも毎日毎日、色んな人にへこへこ頭下げながら仕事もらって何とか食いつないでるような日々が何か月も続いて「あ、もう無理、イヤ」となりました。

 

 

なぜって

・仕事がない自分が情けない
・施しを受けてまわってるみたいで、みじめ
・ちゃんと仕事がある他の人がうらやましい
・「お願いできる仕事はない」と言われてしまうことに心が折れた
・無理やり仕事を探させたり、わざわざ手ほどきしてもらって仕事手伝わせてもらうのが本当に申し訳ない
・業務をわけてもらっても、慣れないことやよく知らないことだと何度も質問したり、ミスしてしまったりして逆に迷惑をかける。もう覚えたから次は大丈夫!と思っても、単発でもらった業務だから次がない。
・仕事ありませんわたし!ということをみんなに知られてしまってむなしい

 

「仕事ください」と言ってまわって全員に断られた時の心の折れ方は半端じゃないですよね…。笑顔もひきつってきます。

 

 

優しい人は何か仕事を渡そうとして一生懸命ガサガサ探してくれたりしますが
それが嬉しい反面、申し訳なくて申し訳なくて泣きそうになります。

 

 

せっかくくれた仕事も、使ったことのないソフトでの入力だったりすると
まず使い方を教えてもらうところから始めてもらわないといけません。

 

 

あぁ、わたしが暇なばかりに色んな人に手間をかけさせてしまう…
なんて迷惑な存在なんだろう。

 

 

仕事が少なくて暇ということだけでも嫌なのに、まわりに迷惑をかけていると思うと本当に自分の存在意義がわからなくなってきます。できることなら少しずつ存在を薄くしていってそのまま消えてしまいたい。

 

 

しかし、どんなにつらいと思っても
「やることがないのだから仕事を探すしかない」という現実は変わりません。
これがまたしんどいわけです。

 

でも、仕事をもらいに行かないわけにはいかない

「そんなに仕事もらいに行くのが嫌なら、やらなきゃいいじゃん」と言われてしまいそうですが、仕事をもらいに行かないと

 

・あいつ何の仕事もないのに、何してんの?
・仕事してるふりしてんな

 

と思われてるんじゃないかと思ってすごく居心地の悪い気持ちになりませんか?
被害妄想なのかもしれませんが、『会社にいるのに仕事がない』って相当肩身が狭いですよ。思考がネガティブに偏ってもしかたありません。

 

 

今日声をかけたら仕事をもらえるかもしれない、仕事をもらえたら30分1時間、もしかしたら1日時間がつぶせるかもしれない、それって素晴らしいじゃん!さぁ行くぞ!と心を奮い立たせるのですが

 

行きたくない
行かなきゃ
でも行って傷つきたくない
でも行ったら今日は仕事がもらえるかもしれない
でも行きたくない

 

という葛藤でなかなか席を立てません。

 

 

『暇になったら5分以内に席を立って、仕事もらいにいく!』という自分ルールを課していたこともありましたが、めちゃくちゃきつかったです。奮い立たせて、怖い気持ちを振り切って、がんばれがんばれ!と何度も唱えながら、一回立ち上がって「あ、でもなんかみんな電話してるし後にしよ」と座って、またいちからやり直し。

 

 

なんで、仕事が暇ってだけでこんな思いしなきゃならないのでしょうか。
仕事が少ないのは、自分のせいではないのに。

 

 

解決策は、「頑張りすぎない」「適度に逃げる」こと。

おそらくこの記事にたどり着いた方は「あー仕事ひまー何しよー」という方というよりは、深刻に悩んでいる方だと思います。

 

 

つらいですよね。
このつらい状況から脱出したいですよね。

 

 

ここからは、解決策についてお話していきます。

 

 

解決策とは、こんな感じです。

  1. 葛藤を振り切るために、割り切る
  2. 暇なのは自分のせいではない、と理解する
  3. 仕事があったら声をかけてほしいと伝えておく
  4. 色んな人に聞いてまわらなくてもいいようなシステムづくりをする。
  5. 適度に逃げる

逃げるのが解決策かっていうと違うのかもしれませんが
正直『適度に逃げる』のは一番大事です。

 

 

ひとつずつ説明していきますね。

 

葛藤を振り切るために、割り切る

一番の解決策はおそらく『転職』ですが、悩んだり葛藤している人の多くは「そう簡単に転職ってわけにはいかない」という状況ではないでしょうか。わたしもそうでした。

 

 

でも葛藤を抱えながら仕事を続けるの、めちゃくちゃきつくないですか?

 

 

続けるなら、ある程度『割り切る』ことが大切です。
割り切って働けるようになるととても楽になります。
まわりの目も気にならなくなります。

 

 

とはいっても、割り切るってそんなに簡単ではありません。
皆さんも経験ありませんか?「よっし割り切るぞ!さぁネットサーフィンだ!いえーい!」と思ったのに、目の前に広がる膨大に暇な時間と罪悪感にその意気込みを一瞬で吹き飛ばされてしまったこと。

 

 

強い心がないと割り切って働き続けるのは難しいです。
そのために大切なのは、自分の働き続ける「軸」を明確にすること。
なぜその会社で働き続けるのかってことですね。

 

 

ちょっと長くなるので詳しくはこちらで!
【仕事暇すぎ…】割り切って7年続けたわたしがやっていたこと

 

 

割り切って働けるようになると、1日が過ぎるのが驚くほどはやくなりますよ。

 

暇なのは自分のせいではない、と理解する

仕事が暇だと、だんだんこんな風に思ってきませんか?

 

「会社にいるのに暇なんて」
「みんな忙しそうにしているのに、自分だけやることがない」
「今日も何も生産してない」
「暇なのは自分がダメだからじゃないか」
「みんな自分を役立たずだと思ってるに違いない」

 

仕事が暇であることの最も悪質なところは自己否定をするようになることです。

 

 

暇な時間をひたすら過ごすことで考え込み、
誰にも肯定されず、評価されず、何も生産しない毎日に
「自分はダメだ」とどんどん病んでしまうんです。

 

 

どんどん追い詰められ、最終的にはうつ状態になってしまうことも。
もうその一歩手前、もしくはまさにその状況にいる、という方もいるのではないでしょうか。

 

 

自己否定の渦の中にいると難しいかもしれませんが、
「暇なのは自分のせいではない」ということに目を向けてみてください。

 

 

自分でいくら考えても「やっぱり自分のせいだ」と思ってしまうので、冷静に原因を見極める必要があります。そのためには、まず「なぜ仕事が暇なのか」ということを上司や先輩に聞いて「自分がこんな状況になっている本当の理由」を知りましょう
自分だけ仕事が暇なのつらい。気まずくならない過ごし方と対処法

 

 

原因が会社なら、「暇なのは会社のせいだ!」と怒りや不満の矛先が会社に変わります。
もし原因が自分にあったとしても、それはそれで改善できることかもしれないので、むしろ好都合です。

 

 

開き直りっぽいかもしれませんが、開き直りでいいんですよ。
自分が元気になれる方が大事です。

 

 

仕事があったら声をかけてほしいと伝えておく

毎日仕事があるか聞いてまわるのは億劫ですし、聞かれる方も大変に思ってしまうかもしれません。

 

 

声をかけにいく回数を減らすために、「今週はほとんど手があいているので、何か手伝えることがあったら声をかけてください」と事前に伝えておくといいです。

 

 

これを伝えておけばその週はもう社内をぐるぐるまわらなくてもよくなります。体裁としてはですけど…。

 

 

声かけてください方式だと仕事を依頼される頻度は減ってしまうかもしれませんが、少なくとも

「暇なくせに仕事の手伝いをしにこないと思われてるかも」
「暇なら仕事探しに行けよと思われてるかも」

という罪悪感からは逃れられます

 

 

仕事あったら声かけてって言った上で誰も声をかけてこないのだから、掃除したり適当にそれっぽいことして時間をつぶしていてもいいよね、と強くいられるようになります。

 

 

色んな人に聞いてまわらなくてもいいようなシステムづくりをする。

わたしはとにかく色んな人に聞いてまわるのが嫌だったので、人に声をかけなくてもよくなる方法ばかり考えてました。人と話すの苦手なので、できるだけ話したくなかったんですよ…!

 

 

実際にやってみたのはこんなこと。

  1. Excelでスケジュール表を作って社内に公開。空いているところは誰でも仕事の依頼を書き込めるようにした。
  2. 仕事があれば上司にとりまとめてもらうよう依頼。手があいたら上司にだけ声をかければいいシステムに。

②は失敗しました。
手伝える仕事があれば上司に全部伝えてもらうようにしたら、わたしは上司にだけ声をかければよくなるから楽だよね!と思ってやってみたのですが、「コピーして」「会議の準備手伝って」などの小さい雑務をわざわざ人の上司に伝えるのは面倒…と思う人がほとんどで機能しませんでした。考えてみればそうだよねって感じですね。

 

 

①のExcelでスケジュール表を作って社内に公開したのは結構リスクでしたが、思いのほか効果がありました。ごっそり何もないわたしのスケジュールを見て、「え、こんなに仕事ないの?かわいそう…」と思った人が仕事を入れてくれたり、何週間も先まで予定が見えることで「ちょっと先のことだけど空いてるならお願いしたい」と先の予定を入れてもらえることもありました。

 

 

一番よかったのは、
そのガラッガラのスケジュールを上司に見せて
「こんなに暇なんですけど、どうにかしてもらえませんか」と迫れたことですね。
目に見える証拠があると「さすがに対処しないと」と危機感をもってもらいやすいんだなと実感しました。

 

 

こういった行動は、まわりの協力がないと難しいとは思います。
みんなのためというよりは自分のためにしかならないことなので、積極的に協力しようという人は少ないかもしれません。でもやってみる価値はあります

 

 

効果がなかったとしても、何かあった時に「こういう工夫をしてみたけど、変わらなかった」と言えますしね。

 

 

適度に逃げる

そうはいってもそんな頑張る気力なんてない、という時もありますよね。
そんな時は、いったん逃げましょう

 

自分のメンタルが最優先です。

 

 

会社を休むでも、暇な時間に好きなことするでもいいです。
今週はもう逃げる!と決めて自分が苦しくない選択だけをしてください。

 

 

一回休憩したり、別の方向に思考が向くと「あ、また頑張ってみようかな」という気になれます。罪悪感があるかもしれませんが、「逃げるのも勇気」って誰かが言ってました。

 

 

でも具体的にどう逃げたらいいの?ということについてですが。
逃げ道はたくさん作ったので、だだっとご紹介しますね。
わたしはこんな感じでめちゃくちゃ逃げました。

 

 

・仕事関連ぽいサイトを見る
仕事が暇な時にこっそり見るサイトまとめ【仕事関連~勉強ができるサイトまで】

 

・資格の勉強しまくる
仕事が暇すぎて勉強してたら資格を取りまくれたのでオススメ教えます

 

・Excelをいじる
仕事が暇!エクセルの勉強したいと思った時に便利な無料サイトまとめ

 

・暇つぶししまくる
【ガチで仕事暇な社内ニート厳選】ばれない×役に立つ暇つぶし法
仕事の暇つぶしにやれること!スキルアップから副業までまとめたよ

仕事してる風に見えるタイピングゲームはこれだ!【暇で悩む人におすすめ】
仕事が暇すぎて眠い。社内ニート厳選の眠気対処法と暇つぶし法!

 

・休む、帰る(!)
仕事が暇すぎて会社に行きたくない。休みたい。うまく休む方法と休むべき理由
仕事が暇すぎるから帰りたいわたしが、上手に帰る方法をついに見つけた

 

・ストレスを発散する(仕事中に)
【仕事暇すぎ】ストレスで気が狂いそうな人に今すぐやってほしい

 

・転職準備をする(仕事中に)
仕事が暇すぎて辞めたいあなたが転職活動する前にやっておくべきこと。
仕事が暇でつらいわたしたちは転職をするしかないのか
元転職エージェントによる、仕事が暇な社内ニートのための最強の転職法
【元エージェントによる】社内ニートにおすすめの転職エージェントと選び方のコツ
暇すぎる仕事は将来を危険にさらす!続ける?転職?あなたが今すべきこと。

 

 

特に勉強はいいですよ。
仕事が暇だと成長も生産性も何もありませんが、勉強はすればするほど成長します。
わたしも資格とりまくったら自己肯定感がめちゃくちゃ上がって失われた自信が戻ってきました

 

まとめ:頑張りすぎない、適度に逃げる、逃げ道はたくさん用意しておく。

「仕事ください」って言ってまわるの、本当に嫌になりますよね。
そのつらさがわかるからこそ、暇な日々を耐えている皆さんは毎日本当に頑張っていると思います。

 

 

えらい!!
えらいですよーーーーー!!!!!

 

 

ちょっと精神的につらいな、耐え切れなくなってきたなと思ったら
頑張りすぎないこと、適度に逃げることを思い出してください。

 

 

わたしも毎日泣いて
「なんで仕事ないの」
「雇用されてるんだから仕事があるのが当然でしょ」
「仕事くださいって言ってまわるなんておかしいよ」
「もうイヤ…」
と愚痴ばかり言ってましたが、逃げることを覚えて少しずつ落ち着いてきました。
家族には本当に心配をかけました…。

 

 

逃げ道は色々とご紹介しましたが、他にもあなたが楽しいと思うこと、少しでも気が楽になれることがあったら試してみてほしいです。

 

 

自分の心身の健康が一番大切なので。
有休1日とるだけでもだいぶ楽になりますよ。