仕事が暇すぎるから帰りたいわたしが、上手に帰る方法をついに見つけた

仕事

元社内ニートのもじゃこ(@mojaco117)です。

 

 

わたしの仕事はとにかく暇で、朝に出社したら10分で仕事が終了。定時の17時半まで何もやることがない、なんてことが日常茶飯事でした。

  1. リスト1
  2. リスト2
  3. リスト3

朝9時の時点からもう既にやることが ない !

 

仕事が暇、というと羨ましがられることもありますが、
暇な時間って忙しい中にちょこっとあるからいいんですよね。
毎日2時間3時間も暇だと本当に気持ちが病んできます。

 

 

というかこんな暇で何もしてないなら家で漫画読んでた方がよくない…?

 

なんか、帰っていいんじゃないかなわたし。
というか帰っても誰も気づかないんじゃないかな。

 

 

そこで少し考えました。

・この暇を何かしら充実したものに変えられないか?
・現実的に本当に帰れないか?

 

試行錯誤した結果、暇な時間を有効活用して簿記や宅建などの資格を取得し、どうしようもなく暇な日は実際に帰ったりもできるようになりました。粘り強く上司と交渉した結果、仕事も増え現在では社内ニートからは卒業しています。

 

 

今回はそんな経験をもとに、現在同じように

・仕事が暇すぎて帰りたい
・この暇で無駄な時間に耐えられない

と悩むあなたに向けて、この帰りた過ぎる状況をどうしたらいいかご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

仕事が暇すぎて帰りたいんだけどどうしたらいい?帰っていい?

いくら暇で何もすることがなくぼーっと座っていたとしても、職場にいればその分のお給料がもらえます。しかし、仕事が暇すぎて苦しい人にとっては「座ってるだけで給料もらえるなんて最高」なんて言葉は何の励ましにもなりませんよね。

 

 

給料が減ってもいいから帰りたい。
お金払ってでもこの暇から抜け出したい。

 

これが本音ではないでしょうか。
わたしも数カ月は暇でも「お給料がもらえるなら」と耐えてきましたが、3か月を超える頃にはもう限界でした。

 

 

暇すぎる無理耐えられない帰りたい!!!!

 

ほんと暇すぎて頭おかしくなりそうでした。。。

 

そこで、考えた解決方法は3つ。

  1. 有給を使って帰る
  2. 上司と業務内容について話し合う
  3. 暇な時間を有効活用する

 

実際にこの3つが暇を解消する突破口となりました。
ひとつずつ説明していきますね。

 

 

有給を使って帰る

一番簡単かつ堂々と帰ることができるのが「有給」。
お金ももらえて家にも帰れる「有給」。

 

 

最高!!!!

 

 

有給って一日休むことじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、午前か午後のどちらかだけを休む「半休」(半日有給)というものも存在します。

 

 

午前中仕事して、暇だから午後は帰る…と言ったら早退扱いになりますが、午後は半日有給にすれば帰れる上に午後の分のお給料ももらえます。

 

 

まるっと一日有給をとってもいいのですが、そうなるとすぐに有給を使い切ってしまう上、結局休み明けはまた暇でしんどい…となってしまうのでおすすめは午前か午後のどちらかだけを休む「半休」。

 

 

半休なら午前休・午後休とわけて使うことができるので2倍の日数とることができます。

 

 

半休(半日有給)が認められているかどうかは会社の就業規則によります。
周りが取得していなくても制度的には取得できることがあるので上司に確認してみましょう。暇な時間に会社の就業規則を読むのも結構おもしろいのでおすすめ。従業員用の専用サイトなどがあればそこから閲覧できるようになってたりします。よく読んでました。

 

 

「暇だから帰っていいですか」はかなり言いづらいですが
「午後は半休をいただいてもいいですか」なら言いやすいですよね。

 

 

有給の使い方は会社によってそれぞれルールが異なりますが、事前申請が必要なところ、当日でも使用できるところ、後からでも休んだ日を有給扱いにしてもらえるところなど様々だと思います。

 

 

当日使える環境なら、仕事の様子を見て「暇すぎて帰りたい」が究極に高まっている日の午後に半休をもらうなどその日の状態に合わせて使うのもアリ。

 

 

事前申請が必要なところは計画的にいきましょう。

 

 

わたしの会社は当日でも有給取得が可能だったので、暇すぎて何をどうしても時間が潰しようがない日は午前中の時点で午後の有給を申請していました。明日は仕事ないな…と思った日は翌日に午前中の有給を申請したり。

 

有給を使うだけで気分がスッキリして、次の日は暇でも頑張れます。

 

 

上司と業務内容について話し合う

「帰りたい」と思うのは仕事がなく暇だから。
仕事があって暇でなければ帰りたいとは思わないんです。

 

 

なので、上司に仕事を増やしてもらえるよう交渉しました。

 

 

ただ「暇すぎるので仕事を増やしてください」と言っても
「仕事は自分で探せ」と言われたり、「考えとく」と先延ばしにされたりと解決に繋がらないことがほとんど

 

 

今どんな状況で、自分がどうしたいのか、自分なりに考えた対策を伝えると効果的。

 

それでも仕事を暇にさせるような上司ですから、よしわかった!とすぐに動いてくれるわけはありません。粘り強く交渉を続け、「解決しないとうるさい」と思われれば動いてもらえます

 

 

わたしはこんな感じで上司と交渉しました
仕事が暇すぎて苦痛!何とかしたいと思ったら試すべきこと

 

 

暇な時間を有効活用する

ベストなのは「暇な時間を有効活用する」ことだと思います。
帰りたい気持ちもありますが、この気持ちの本質は「暇で時間を無駄にしてしまっていることが嫌」なんです。

 

 

この暇な時間を有効活用できれば、不満は解消できるんじゃないでしょうか。むしろ暇ウェルカム。

 

 

わたしは暇な時間に資格の勉強をして
実際にこんな資格を取ることができました。

 

・簿記3級、2級
・宅建士
・ビジネス実務法務検定2級

 

どれも知識としても資格としても役立つものばかり。

 

働きながら資格をとることの難しさは勉強時間が確保しづらいからというところにありますが、勤務時間中に勉強ができれば自宅では最低限の勉強だけで十分。

 

 

今では暇な仕事に感謝すらしています。

 

 

具体的に暇な時間を有効活用してどのように勉強するかはこちらにまとめました。
仕事が暇すぎて勉強してたら資格を取りまくれたのでオススメ教えます
仕事が暇!エクセルの勉強したいと思った時に便利な無料サイトまとめ

 

 

まとめ:どうせなら仕事の時間を使ってスキルアップしてしまおう!

暇すぎて帰りたい気持ち、つらいですよね。
すっっごくわかります!!!!!

 

 

いてもいなくても変わらないんだから、勤務してるってことにして帰らせてよ…

 

 

有給を使って帰ったり、環境を改善するために話し合ったりとできることは色々ありますが、元社内ニートのわたしとしてはやっぱり「時間の有効活用」がおすすめです。

 

 

仕事が暇だと毎日得るものが何もなく、成長もなく、自分に対する自信を失ってきます。勉強やスキルアップをすると久しぶりに何かに集中して打ち込んだり、成長を感じる感覚に感動しますよ。

 

有効活用して得たスキルをもとに、暇ではない職場に転職できるかも…!?

仕事
スポンサーリンク
シェアする
mojacoをフォローする
藤枝ふうふ

コメント