仕事が暇って時間と人材の無駄使いでは…?会社や環境は努力で変えられるのか

仕事暇すぎ

仕事が少なすぎてお昼まで時間がもたないもじゃこです。
仕事が暇でやることがない時、こんなことを思いませんか?

 

 

「この会社…大丈夫…???」

 

 

たまに30分とか1時間くらい時間が余っちゃう、とかならいいんですよ。
担当の仕事が少なくて、毎日数時間レベルでやることがないとさすがに心配になってきます。

 

 

何もやることがなくて意味もなく開いたExcelをじっと見ながら

「こんなことをしている社員がいるんだぞ…?」
「社員の職務を管理してしっかり仕事を割り振れば、もっと効率的なのに」
「会社ってもっと生産性とか効率とか意識するもんじゃないの?」
「何のために雇ったの…?何も考えずにとりあえず雇っちゃったの…?」

 

 

コスト管理がどうたらこうたらとかよく言ってますけど

 

 

時間と!人材の!!無駄遣いが!!!!
今ここで起きていますよ…!!!!

 

 

変えるべきなのは、ここですよーーーー!!!

 

 

はあ、会社が気づいて変わってくれればな…
というか会社が変わってくれればわたしが暇なのって一瞬で解決すると思うんだけど。

 

 

今回は同じように「会社、変わってくんないかな…」とため息がとまらない方に向けて

 

 

わたしが会社や周りの環境を変えるために悪戦苦闘した経験をもとに

  1. 会社や環境は変えられるのか?
  2. 変えられないとわかったらやるべきこと

についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

会社は変わらない。まじで、変わらない。

会社は変わりません。まじで、変わりません。
さっそく断言してしまってすみません。

 

 

多少の変化は期待できるかもしれないですが、そう簡単には変わってくれません。

 

 

「仕事を増やしてもらう」とか
「部署異動をお願いする」とか
「引継ぎをしてもらう」とか
「仕事の割り振りの見直しをしてもらう」とか

 

 

社内での自分の状況を変えることさえできればきっと解決するはず!と思ってわたしも何度も上司を呼び出して話し合って、提案して、しつこく交渉して、できそうなことは何でもやりましたがめちゃくちゃ時間がかかりました。すんごいパワーがいります。

 

 

変わらないのは会社だけでなく、人もです。

 

 

仕事を増やそうと思って頑張っていた時に気づいたことは「みんな自分さえよければそれでいいと思っている」ということ。

 

 

自分の仕事が減るから渡したくない
自分の手柄にしたいからひとりで抱えたい
教えるのが面倒だから、頼みたくない

 

 

そういう場面をたくさん見ました。
割り振りをすればもっと生産性が上がるとか、同じ仕事ができる人が複数いれば効率が上がるとかそういうことじゃないんですよね。「仕事が暇で困っているのはあなただけなんだから、あなたが我慢して適当に時間をつぶしてくれればいい」と言われたこともあります。

 

 

わたしにとって、仕事が暇だということは『社内に浮いている人材がいるという会社としての問題』だと思っていたのですが

 

 

『わたし個人が抱える会社への不満』として捉えられていて、周りはそんなに解決すべきこととは思っていないようでした。

 

 

まぁその、わたし自身が周りから「助けてあげたい」「力になりたい」と思われるような人柄でなかったということが問題なのかもしれませんが…。

 

 

会社や周りの人、環境が変わってくれるのが一番の解決策なので、変わらないから無理!とあきらめずにまずは上司と交渉したり会社側の変化にむけてチャレンジはした方がいいです。わたしも多少変化して、だいぶ働きやすくはなりました。

暇すぎる仕事にうんざり…解決に導く『上司への相談術』とは

 

 

しかし結果として、変化が望めない場合どうしたらいいのか。

 

 

その場合はもう自分が動くしかありません。

 

 

会社が変わらないなら会社を変えるか自分を変える

周囲の環境が変えられないとわかった今、変えられるのはこの2つ。

  1. 会社そのもの(転職)
  2. 自分の行動、考え方

 

 

 

環境を変えるというと、まず最初に思い浮かぶのは『転職』だと思います。
これが一番手っ取り早くて確実で、期待できる方法ですよね。

 

 

仕事が暇すぎて辞めたいあなたが転職活動する前にやっておくべきこと。
元転職エージェントによる、仕事が暇な社内ニートのための最強の転職法

元転職エージェントによる、仕事が暇な社内ニートのための最強の転職法

 

 

一方、リスクや負担も多く、「そう簡単に転職ってわけには…」「今すぐは無理」という人がほとんどではないでしょうか。

 

 

仕事が暇でつらいわたしたちは転職をするしかないのか

 

そうなると残された方法はひとつ。
『自分の行動、考え方を変える』ことです。

 

 

自己啓発っぽいこと言い出したな…という感じですが、やることをちょこっと変えるだけです。

 

 

具体的にはこの2つ。

  1. 暇な時間はスキルアップや楽しみに繋がることをする
  2. その職場で働き続ける理由や目標を作る

 

 

これができると仕事中のあの無限にも思える何もない時間があっという間に終わるようになるだけでなく、周りの目も気になりにくくなります。なにより、精神的に楽です。

 

 

①スキルアップや楽しみに繋がることをする

仕事がなくなって暇になったら何をしていますか?

 

 

掃除、片付け、整理、マニュアル作り…

 

 

このあたりがとりあえず手をつけるところでしょうか。
でもこれ…5分10分くらいしかつぶれなかったりしませんか?

 

 

終わるとまたやることがなくなって、仕事を探して周りをきょろきょろ。
このループが一番つらい。。

 

 

仕事をやりきって、もう何もやることがない!という状態まで追い詰められたなら
「スキルアップや楽しみに繋がることをする」のがいいと思います。

 

 

バリエーションもたくさんあれば、どんな状況でも飽きずに時間がつぶせるようになります。

 

 

わたしは思いっきり勉強していました。
仕事が暇すぎて勉強してたら資格を取りまくれたのでオススメ教えます

 

 

インターネットさえ使えればExcelのスキルも磨けます。
仕事が暇!エクセルの勉強したいと思った時に便利な無料サイトまとめ

 

 

タイピングゲームなら仕事してる感満載。
仕事してる風に見えるタイピングゲームはこれだ!【暇で悩む人におすすめ】

 

 

その他こんな暇つぶし方法を使っていました。
仕事の暇つぶしにやれること!スキルアップから副業までまとめたよ
【ガチで仕事暇な社内ニート厳選】ばれない×役に立つ暇つぶし法
仕事が暇すぎて眠い。社内ニート厳選の眠気対処法と暇つぶし法!

 

 

②その職場で働き続ける理由や目標を作る

終わりのない苦痛は誰だって耐えがたいものです。

 

 

この暇でつらい職場で働き続けるなら、
「この職場で働き続ける理由、目標」を考えてみてください。

 

 

急に言われてもなぁ…という感じだと思いますが
このように何回か自問自答してみるとなんとなく見えてくると思います。

 

  1. なんでこの会社にい続けるの?
  2. 転職しないのはなぜ?
  3. どうなったら転職できると思う?

 

 

 

ちなみにわたしはめちゃくちゃ転職したかったのですが、

・まだ入社したばかり
・当時20代後半でこの職場は3社目。
・婚活中だったため、仕事をすぐ辞めるのは印象が悪いと思った
・田舎で、条件に合う求人が少ない

などの理由があり、そう簡単に転職するわけにはいきませんでした。
主に婚活!

 

 

なので、「結婚して引っ越ししたら、新しい家から近い職場に転職する」と決めました。

 

 

それまでは、何が何でも耐える。
まだ見ぬ結婚相手と、どの地域に住んでも仕事に困らないように、資格やスキルを身に着ける!勉強家で聡明で賢い女性になってモテる!!!!!!高笑いしながら辞めてやるわ!

 

 

まとめると、わたしの目標はこれ。

  1. 『結婚して引っ越ししたら、新しい家から近い職場に転職する』
  2. 『転職の時に困らないように、資格やスキルを身に着けて準備しておく』

 

このように、働き続ける理由や目標を明確すると精神的にブレることが少なくなり
「暇だと思われてようが何だろうが、わたしはこのためにこの職場にいるんだ!」と振り切ることができるようになるので周りの目も気にならなくなります。

【仕事暇すぎ…】割り切って7年続けたわたしがやっていたこと

 

まとめ

会社や環境が変わってくれて問題なく普通に仕事ができるようになるのが一番なんですが、変わらないところは本当に変わりませんよね。

 

 

「え、こんな状態の人が会社にいるってわかってて何もしないってどういうこと?え…?」と何度も思いましたが

 

 

問題として捉えようとする人がいない様子を見て
あぁ、もうこういう職場なんだなここは、と諦めました。

 

 

こうなってくると、もう自分が変わっていくしかないんです。

 

 

暇な時間にやることがなくて困らないように、自分のためになるようなことをしたり
心が折れてしまわないように、働く理由や目標を定めておいたり。

 

 

割り切って続けられるようになると、ある日突然ふわっとチャンスがまわってくることもあります。
・他の社員の退職に伴って仕事の引継ぎを受ける
・他の部署が忙しくなった時に仕事を一緒にさせてもらえる
・いい求人が見つかる
など。

 

 

会社に絶望している皆さん、会社を変えるより自分が変わる方が圧倒的に楽です。
ぜひ試してみてくださいね。