仕事をとられるせいで暇…!社内ニートの悲しき戦いを終わらせろ

仕事暇すぎ

出勤して1時間で仕事がなくなってしまうスーパー社内ニートもじゃこ(@mojaco117)です。

 

 

残りの時間は何もすることがないので、掃除したり整理整頓したり
上司や周りの部署の人たちに「仕事ください」と言って周るわけですが

 

 

こういう時にもらえる仕事はどんな小さな雑務でも本当にありがたいものです。
両手をこすり合わせて「ありがとうございますーーー!!!」と心からの感謝とともに大切に大切に取り組むんですが

 

 

それをね。

 

 

横からかっさらうやつがいるんですよ。
しかも、黙って。さりげなく。

 

 

それが、同じく仕事がそこそこ暇な「先輩」です。

 

 

先輩がわたしの引き受けてきた貴重な仕事を奪うせいで、
わたしはやることを失い、戸惑う気持ちを持て余しながらパソコンの前でぼんやり。
新たに仕事を探す旅に出ますが、なんだか腑に落ちない…。

 

 

「俺がやっときました☆」と報告する姿の腹立つことときたら。

 

 

「わたしの仕事なんで!」と言って奪い返せればいいんでしょうけども、
立場や関係性や諸々の事情から、そうもいかない方が多いのではないでしょうか。

 

 

今回は、同じように仕事をとられて困っているあなたに向けて
わたしの戦いの記録と解決への道のりをご紹介していきたいと思います。

 

 

目指すは、争わずに平和に共存すること…!!!!

 

スポンサーリンク

希少な仕事を奪っていく巧妙な手口

あなたは仕事をとられてしまう時、どんな感じですか?

 

 

わたしの場合、仕事をとられるのは一度や二度ではなく、常習的なものでした。
その手口はこんな感じ。

 

  1. 仕事を依頼されるわたしを遠目に観察。聞こえてきた内容から、自分でできそうだと判断したら勝手に取り組み始める。
  2. 机の上に置いた書類(依頼された仕事)を勝手に持っていく(!)
  3. わたしの作ったファイルを無断で編集

 

 

Excelなどのデータの編集はその先輩が先に開いて編集を始めてしまうと
編集できなくなりますからね…

 

 

「あれ、今開いてます?編集したいので閉じてもらっていいですか?」とお願いしても、「俺が今やってるから!」と応じてくれない。えぇぇ…

 

 

書類を勝手に持っていかれた時には失くしたと思って焦って探し回っていたのですが
ふと先輩を見たら手元に隠すようにその書類が。

 

 

「ん?」と思いつつ話しかけたら「置いてあったから、代わりにやってあげようと思っただけ!」と威嚇されました。しかも返してくれない。えぇぇ…?

 

 

わたしが担当している希少な仕事であるデータ入力も、知らないうちに先輩がやっていることも。

 

 

仕事が暇なわたし(弱気)vs仕事奪う先輩(強気)の小競り合い

まず始まったのは、仕事をめぐってのわたしと先輩の静かな小競り合い。

 

 

仕事っていっても、誰にでもできるような雑務なんですけどね。
誰にでもできるようなことだからこそ、簡単に奪われてしまう。

 

 

仕事なんてまたもらいに行けばいいじゃない、と思う人もいるかもしれませんが、ただでさえ暇で暇でしかたく、その中で色んな人に声をかけてやっともらえた仕事…

 

 

それをただ席に座ってじっと見ているだけの先輩がかっさらっていくの

 

 

ま じ で 許 せ な い !!!!!

 

 

仕事をもらえる時は聞き耳をたてられないように小さな声で話したり
受け取った書類は仕事が完了するまでずっと手に持っていたり
何をしているか見られないように作業するウィンドウを小さくしたり
さりげなく覗いてきたらさりげなく隠したり

 

 

恥ずかしいくらい小さなものを奪い合ってるという自覚もありましたが、意地になって常にピリピリイライラしていました。うかうかお手洗いにもいけない。油断したらやられる。

 

 

「それわたしの仕事なんで」とはっきり言って解決するほど簡単な問題ではない

小競り合いなんてしてないではっきり言えばいいじゃないって話ですが、
正直「それわたしの仕事なんで返してもらえますか」の一言で解決してたら困っていないですよね。

 

 

そもそも相手は他の人の仕事だとわかっていながら、奪っていくような人。
そう簡単にいくわけがありません。

 

 

わたしも一応言いました。
言いましたよ…

 

「あ、それわたしが頼まれたものなので代わります」
「今仕事なくて暇で困ってるので、代わりにやっていただかなくても大丈夫です」
「それ、色んな人周ってやっともらえた貴重な仕事なんですよ…!返してください!」

 

それに対する先輩の反応。

 

「いい」
「俺がやるから」
「…」(無視)

 

無視か。

 

 

仕事を奪う相手の心理とは?

戦いに勝利するにはまず敵を知ることから、ということで

 

仕事を奪う相手の心理について考えてみましょう。

 

  1. 暇だから何かしたい(しかし自分で仕事を探しにはいきたくない)
  2. 暇だと思われたくない
  3. 仕事ができる人間だと思われたい
  4. 同じく暇なはずの後輩が仕事をもらってきて、暇を脱しているのが気にくわない

 

はぁ?
て感じですが、争いは何も生みませんからね!
深呼吸!

 

 

稀に「手伝ってあげようと思って」というお世話好きパターンもあると聞きますが
こちらに相談もなくこそこそと人の仕事をとるような人にそんないい人はいません。

 

 

仕事をとられないようにするためにやるべきこと

さて、相手の心理がざっくりわかったところで
わたしたち仕事奪われる側がやるべきことはこの3つだけ。

 

  1. 上司に報告・相談
  2. 争いをやめ、共存の道を探る
  3. 諦めて暇な時間を有効活用することに全力を注ぐ

 

最後諦めてんじゃん…と思うかもしれませんが
正直どうしようもない人っていますからね…

 

 

では、ひとつずつ解説していきます。

 

①上司に報告・相談

まずこれが一番最初ですね。

 

上司に話す内容はこんな感じ。

  1. 現状について(仕事をとられていること等)
  2. 今自分がどのように困っているか
  3. どうしてほしいか(上司から先輩に話をしてほしい、仕事の割り振りを考えてほしい等)

 

 

もうすでに相談したよ!という方も多いかと思いますが
反応やその後はどうでしたか?

 

 

頼りになる素敵な上司をお持ちの方はこれでかなり解決しているかもしれませんね。

 

 

わたしですか?
わたしはまったく何も変わりませんでした!

 

 

上司は「言っておくよ」と答えてはくれたものの、結局何も変わらず
「何にも変わらないんですけど…」と再度相談しに行った際には

 

「もじゃこさん後輩なんだからガマンして」
「仕事なんてまたもらってくればいいじゃん」
「そっちでうまく役割分担してよー」

 

とへらへら流されて終了。
仕事の割り振りは上司の仕事だぞ…!!!!!

 

②争いをやめ、共存の道を探る

さて、上司を頼っても改善の兆しが見えない方の次なる手は
「共存の道を探る」ことです。

 

 

そう、仕事を奪い合うのではなく、分け合う

 

 

仕事を奪うヤツが悪いのに分け与えなきゃいけないなんて!と腹が立つ気持ちはとってもよくわかりますが
ここはひとつ、自分の平和な職場環境を守るためと思ってぐっと抑えましょう。

 

 

そもそも仕事が暇で困っている社内ニートとしては、分け合うことで仕事が減ってしまうのはあまりいいことではないのですが、まるまる仕事を奪われるよりはましです。

 

 

具体的にはこんな方法です。

 

  1. 仕事をもらいに行くときに「〇〇さんも手があいているみたいなので、一緒にできるような仕事はありますか?」と聞いたり、少し多めに仕事をもらってくる
  2. その上で、「先輩、今こういうお仕事をもらってきたんですが、もし手があいて困っているようなら一緒にやりませんか?」と声をかける

 

 

はーーーーーもう天使の所業ですね。

 

 

正直めんどくさいし何でわたしが譲歩しなきゃなんないの…という気持ちしかありませんが、仕事をとられるストレスも軽減されるし、人間として成長している気もしますしね。

 

 

結果として、先輩はこの提案に同意はしてくれましたが
「あぁ、別にいいけど」とお礼も言わずに9割方の仕事を奪って去っていきました。

 

 

いや…半分こでしょ普通…
裏切るねぇ…!!!

 

 

実際のところ、ふたりで分け合えるほどの仕事をもらうこと自体が難しかったりもするので、いつでも使える手ではありませんし、根本的な解決ではないかな、というのが本音です。

 

 

じゃあどうするの?ということですが、最終的にはこれしかないと思います。

 

 

③諦めて暇な時間を有効活用することに全力を注ぐ

諦めてんじゃん。
という話ですが、本当にどうしようもない相手っているじゃないですか。
自分が正しいとか相手が正しいとか、ルールとか常識とかそんなこと関係なく
いくら言ってもどうにもならない相手。

 

 

そういう相手に対していくら頑張っても、もうつらいだけです。

 

 

「仕事を奪われて暇になった時間をどう有効活用するか」ということに考えをシフトさせる
急に気持ちがふわっと軽くなります。

 

 

ちなみにわたしはこの暇な時間を使って資格めちゃくちゃとりました
知識ゼロから簿記3級、2級、宅建士、ビジネス実務法務検定2級、登録販売者(薬局の人が持っている資格)などなど。

 

 

争いもなくなって、苛々したり愚痴を言ったりすることもなくなって心は晴れやか、
何をして時間をつぶそうかという悩みもなくなって、時間はあっという間に過ぎていくし
先輩が雑務をやってくれるおかげでわたしはこんなに知識がついたわ…!と感謝すらできるようになります。

 

その他、Excelの技術を磨いたり

エクセルの勉強したいと思った時に便利な無料サイトまとめ

 

 

暇すぎる職場がいやで転職したい…と思っている人も多いと思うのですが、この暇な時間を使って転職のための準備をしてしまえばいいんです。

仕事が暇すぎて辞めたいあなたが転職活動する前にやっておくべきこと。

 

 

まとめ(悲しき奪い合いを終え、暇を活かして先に進め)

仕事が暇というだけでも大変なのに、貴重な仕事を横から奪う人がいるというのは本当につらいことですよね。

 

 

わたしも、なんだこいつ…?と何度思ったことか。

 

 

でもその人はその人で、仕事がなくてきついんだろうなぁと思います。
奪い合って小競り合いをしてこちらが神経をすり減らすのはとてももったいないことなので、
できることならはやいうちに解決に向けて動いていくことをオススメします。

 

 

そのために今回ご提案した方法がこの3つ。

 

  1. 上司に報告・相談
  2. 争いをやめ、共存の道を探る
  3. 諦めて暇な時間を有効活用することに全力を注ぐ

個人的にはちょこっと①②を試して、ダメならさっさと③にシフトするのがいいと思います。

 

 

少しでもあなたの職場が心地よいものになりますように…!!!