結婚したいなら婚活の条件は「安心できる人」だけで十分だと思った話

婚活

婚活しまくって結婚したもじゃこ(@mojaco117)です。

 

婚活していると
相手を「条件」「スペック」で判断するようになりませんか?

 

書類選考をしている人事担当のように
各条件をチェックし、選考通過・NGとに分け
通過者とは面接に進む…

 

みたいな。

 

わたしは婚活2年目くらいから
人を条件で見ることに疲れてきました

 

条件が合ってたって、好きになれるわけじゃないし。
お金があればどんな人でもいいの!と振り切ったタイプでもないし。

 

結局婚活の条件って何なんでしょうか?

 

条件がすべてじゃないとしても、無差別に会って好きになった人が
年収100万円のフリーターだったら何のために婚活していたかわかりません。

 

考え続けて、とにかく男性に会い続けて、
婚活パーティーから結婚相談所まで様々な婚活方法を試した結果
なんとなーく、わかったことがあります。

 

今回は

・婚活の条件がなんだかよくわからなくなってきている
・自分の条件は厳しすぎるんじゃないかと思っている
・もう一体誰だったらいいのかわからない

 

というあなたに向けて

 

・婚活で本当に求めるべきものは何か

 

というお話をしたいと思います。

 

相手に求める条件は「安心」だけで十分だよ!

 

 

 

スポンサーリンク

婚活の条件ってそもそもなに?わたしのリアルな婚活の条件

婚活の条件ってそもそもなに?

そもそも婚活の条件って何でしょう?
みんな当然のように条件やらスペックやら言ってますよね。

 

婚活界の常識なの?

 

だいたい項目としてはこんな感じですよね。

 

・年収
・学歴
・婚姻歴
・身長
・体型
・外見
・性格

 

なんとなく自分の理想を当てはめていけばいいのかなーなんて思うのですが
どういう基準で考えればいいのかわからないものもあります。

 

例えば年収

 

どれくらいあれば生活できるのかいまいちイメージできません

地域によっても違うし、世帯年収が800万円あればいいとか何とかって話も聞きますが
なんでそれくらい必要なのかがよくわからない。

 

もし子供ができて、大学に進学して一人暮らしをしたとしてもそれで足りるの?
わかんない!

 

結果的にわたしは「なんとなく」条件を決めました

 

だって考えるのめんどくさい…!

 

わたしが婚活していた時のリアルな条件

わたしが婚活していた時のリアルな条件はこんな感じでした。
※当時27~31歳

 

・年齢:同い年~12歳上まで
・年収:600万円くらい
・学歴:大卒
・婚姻歴:なし
・身長:175cm以上
・体型:100kg未満ならOK
・外見:清潔感があればOK
・地域:同じ県内

 

ちなみに年齢が12歳上までOKなのは年上が大好きだからです。
学歴は自分が大卒だから。
身長はこれまで付き合った人が175㎝以上だから。

 

年収は…

 

だいたいみんなこれくらいにしてるかな?と思って600万円にしました。

 

なんとなく決めた条件に絞って、彼氏すらできない2年間

婚活パーティーに参加するのに疲れて結婚相談所で活動するようになった28歳。

 

男性のプロフィールと自分の条件とを照らし合わせて
「アリ」「ナシ」を振り分ける毎日を送っていました。

 

「アリ」の人たちは結構たくさんいました。

 

条件に合ってるんだから、人間性に問題なければすぐに婚活なんて終わるでしょ!

 

と余裕でいたわたしですが、結局それから2年間、結婚相手はおろか彼氏すらできない状態が続きました。

 

条件に合っていて
人間性に問題ない

 

なのに「いいな」と思える相手に全然出会えなかったんです。

 

うまくいかない原因は「根拠のない条件設定」

なんでこんなにもうまくいかないんだろう?とめちゃくちゃ悩みました。
全然「いいな」と思える相手がいない。

 

失礼ながら「悪くない」と思える相手はたくさんいました。
出会ったほとんどの人は「悪くない」人です。

 

告白してもらっていたら付き合ったと思います。
でも告白されない…。
自分から告白するほどでもない…。

 

このままではあと何年踏ん張っても成果が出ないと感じ
自分が「いいな」と思える相手ってどんな人なのかを探ってみることにしました。

 

そしてわかったこと。

 

わたしの条件…本当に必要??

 

 

婚活に好きでも嫌いでもない人ってたくさんいるよねと思って検証してみた

【婚活】好きでも嫌いでもない人は結婚相手になりうるのか?

 

条件設定をするなら根拠を持つ

ここであなたに質問です。

 

・あなたの「条件」の根拠は何ですか?
・その条件が当てはまる人なら結婚できると言えますか?

 

わたしはどの条件においても
「うーん?」としか答えられませんでした。

 

次の質問です。

 

・これだけは必要というものはありますか?
・それがあれば他の条件は譲れますか?

 

2年間の失敗を経て、これについてずっと考えました。

 

年収600万円って言ったけどそれがあれば他は譲れるかな?
大卒であれば他はどうでもいいかな?
今の条件って本当に「絶対」なのかな?

 

たどり着いたのは「安心感」

既婚者の人に旦那さんを選んだ理由を聞くと、よく返ってくるのがこの答え。

 

「この人とは、気をつかわなくていいから」
「この人とは、一緒にいて楽だったから」
「居心地がよかったから」

 

年収が良かったから、とか
条件に合致したから、とかじゃないんですよね。

 

わたしが結婚相手に求めるものも同じでした。
居心地のよさや、気をつかわなくていい楽さ。

 

そう、つまり、安心感…!!!!!

 

・好かれてるかどうかを気にしなくてもいい安心感
・気をつかわず、楽でいられる安心感
・穏やかで怒ったりしない安心感
・この人となら大丈夫、という安心感
・何かあっても頼れるという安心感
・不安になる隙を与えない圧倒的な安心感

 

とにかく安心したい…!

 

居心地が良くて安心できる相手なら身長が175㎝以下でも年収が600万円以下でも
大卒じゃなくてもなんでもいい。いや年収は多少はあってほしいのが本音だけど600万円じゃなくてもいい。

 

そして、結婚したのは
「安心」を絵に描いたような大柄の男性でした。

 

理想の人に出会う方法を必死で婚活しながら考えてみた

まとめ:条件にこだわらないでたくさん会った方がいい

条件って何なんだろうか?と考え続けて結局3年も婚活していたのですが
「これだけは譲れない!」と思うものに出会えたのは
条件を気にせず幅広く色んな人に会うようにしてからです。

 

これまで写真を見て断っていた人も
条件で断っていた人もとにかく一通り会ってみました。
自分からもどんどん色んな人に申し込みをして会いました。

 

結果としてわかったのは
最初に自分が設定していた条件はたいして大事なものではなく
自分が「いいな」と思える条件は居心地のよさや安心感だということです。

 

最低限の年収は必要ですが、自分も働きますしね。

 

今婚活でなかなかいい人に出会えないと迷っているなら
自分が思う条件と「本当に自分がいいなと思える人の条件」が違うのかもしれません

 

1か月でいいので、こだわらずに色んな人に会ってみてください。

 

結局残るのは、「居心地の良さ」「安心感」など
数字やプロフィールでは表せないものになる人がほとんどだと思います。

 

なんとなく決めた条件で出会いの幅を狭めてしまうのはもったいないです!

 

婚活を長期化させて地獄を味わう前に、
既に地獄の最中にいる人は抜け出せるように、
そして少しでも若いうちにいい相手と出会えるように

 

ぜひ試してみてください。

 

 

『婚活に妥協は必要ない』と言い切ってみる

婚活に近道はある?結婚相手に出会うために一番効率のいい方法とは

婚活
スポンサーリンク
シェアする
mojacoをフォローする
藤枝ふうふ

コメント