結婚相談所:合わない担当者(アドバイザー)の見分け方と対処法

婚活

結婚相談所で出会った人と結婚したもじゃこ(@mojaco117)です。

 

結婚相談所に入会して、担当者(アドバイザー)がついたけど
なんか話していて違和感がある、ひっかかるところがあるってことありませんか?

 

初めて入会する結婚相談所。
担当者ってこんなものなのかな…?とあきらめたり、我慢してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

でも待ってください。
もしかしたらその担当者、あなたに合っていないのかもしれません。

 

合っている担当者はとても頼りになり、あなたの婚活を婚活のプロとして客観的にアドバイスしてくれ、精神的にもサポートしてくれる心強い存在です。

 

実際に
めちゃくちゃ合う担当者
全然合わない担当者
の2人を経験したわたしが「合わない担当者の見分け方」と「合わない担当者にあたってしまった場合の対処法」をご紹介します!

 

スポンサーリンク

こんな担当者はあなたと合っていない!

わたしは結婚相談所での2年程の活動の間、1回担当者が変わっています。最初の担当者が入会後1年程度で退職、それに伴い担当者が別の人に変わっています。

 

この、2人目の担当者が本当に合わなかった…
1人目がとてもいい人だったおかげで余計に合わなさが気になる!

 

まずはどんな担当者が「合っていない」のか、ポイントをあげていきますね。もし担当者との普段のやりとりの中でこんなことを感じていたら、あなたと担当者は合っていません!

 

☑アドバイスが不明瞭、的外れ
☑言ったことを忘れる
☑自分の話ばかりする
☑連絡や対応が遅い
☑上から目線、否定的
☑話や答えが曖昧で、頼りにならない

 

思い当たるところ…ありましたか?
ないといいんですが、残念ながらいくつも当てはまってしまった人は合っていません…

 

担当者の質が良くないという可能性もありますし、あなたと担当者の相性が悪いだけという可能性もあります。

 

2人目の担当者の方はまさにこの項目すべてをうまいこと網羅した人だったのですが、もしこれが入会して初めての担当者だったら

 

担当なんてなんてこんなものか…結局婚活は自分で頑張るしかないんだな、とあきらめていたと思います。

 

では、担当者が合わない、と思ったら具体的にどうしたらいいんでしょうか

 

合わない担当者(アドバイザー)にあたったらどうする?

合わない担当者にあたったらすること

合わない担当者に合ったらやることはこのどちらかひとつ。

 

・頼ることをあきらめて自分で頑張る
・担当者を変える

 

わたしはもう1年活動していて結婚相談所のシステムにも慣れていたので「頼ることをあきらめて自分で頑張る」ことにしました。最初の担当者に十分助けてもらったし、これ以上は自分の努力しかないなと思っている段階でもありました。

 

でも最初からこの担当者だったら確実に変えてもらっています。
だって

 

イライラするからです!!!!!

 

呼んでおいて自分の話ばかり、不快な質問、わたしが話した内容を忘れて同じ質問を何度もしてくる、約束は破る…。

 

むしろ邪魔されてる感。

 

不満が積もって本当に必要な時以外の接触を断りました。
担当者を変えてもらおうと思っていろいろ調べましたが、婚活も2年目を迎えようとしているところで担当者を変える以前に婚活をお休みしようかな、と考えていました。

 

担当者を変えてもらう方法は?

いくら不満があっても、担当者に直接言うのはさすがに気まずいという人がほとんどだと思います。担当者に言わずに、なんとか担当を変えてもらうことはできないものか…。その方法は2つあります。

 

・コールセンターに相談する
・事務局にメールする

 

詳しくはこちら
担当者が合わない!変えたいときはどうする?

 

どちらも問い合わせて、担当者を変えたい旨を相談します。
あとはコールセンター、事務局の方が話を進めてくれるのでお任せするだけ。

 

まとめ:不快な思いをしてまで同じ担当者に付いてもらう必要はない

違和感を持ちながらも、なんとなく我慢していませんか?

 

ただでさえ心が折れることが多い婚活。
わざわざお金を払ってまで悩みを増やすような人と付き合う必要はありません。

 

なにより、結婚相談所で担当者がつくことは結婚相談所を利用する大きなメリットのひとつです。

 

客観的な目線で自分にアドバイスしてくれ
第三者目線であなたに合う異性を紹介してくれ
悩みを聞いて婚活のプロとしての意見を聞かせてくれ
自分の理想の修正をしてくれ
誰よりも密接に婚活のことを話せる

 

これが担当者です。
このメリットが使えないってもったいないじゃないですか!

 

気まずい、言いにくい、我慢すればいい
そんな気持ちもわかりますが、もったいないです。

 

担当者を変えるほどじゃないけど、ちょっと嫌だと思っているという場合なら
コールセンターや事務局に「こんなところが気になっている、どうしたらいいか」と相談してみるのもおすすめです。

 

大切な婚活です。
我慢せず、自分の気持ちを優先してください。
本当に合う担当者は心から信頼できる存在になってくれますよ。

婚活
スポンサーリンク
シェアする
mojacoをフォローする
藤枝ふうふ

コメント