補助金・助成金の探し方②

個人の小さな開業

補助金・助成金の探し方①に記載したとおり、本ページでは補助金・助成金を検索するうえでオススメの「J-NET21」の使い方について説明します。

 

J-NET21では、中小機構が整理した全国の補助金・助成金に条件を設定して検索することができます。

「J-NET21」のリンクはこちら

 

補助金や助成金は、不定期に公募が始まり申請可能時期が1週間程度のものもあります。
定期的に検索して利用できる補助金・助成金がないか確認するか、
高額な設備機械の購入を検討しているときや、新規で従業員を雇用する予定があるなどこれまでと異なった事業活動を行う際は確認するようにしてみましょう。

 

 

最近は中小企業向けの支援策が充実しており該当する補助金・助成金が増加傾向にあります。
そういった傾向から金融機関等で借り入れをするまえに補助金がないか相談されてくる方が増えています。

 

もし自身で補助金・助成金の検索が難しければ最寄りの経営支援機関へ確認してみてください。
経営支援機関とは、国が認めた経営の相談窓口であり、基本的に無料で相談にのってもらうことができます。

 

詳しくは、「認定支援機関を使いこなす」をご覧ください。

 

 

では、J-NET21の使い方の説明に戻ります。

まずトップ画面の「支援情報(資金・セミナー)を探す」をクリックします。

 

 

次に情報ヘッドライン下の「補助金・助成金を検索する」をクリックします。

 

 

次に補助金・助成金・公募を検索するのタブから地域・目的・支援制度を選択します。

 

 

画像の下部を見てください。
条件設定前では6,062件の補助金助成金があることがわかります。

 

補助金・助成金の探し方①で説明したように補助金・助成金は時期により多少増減がありますが、常時多くの補助金が出ています。
しかし、中には条件が非常に狭い補助金などもありますので少なくとも地域は絞りながら自社に該当する補助金がないか確認しましょう。

 

このカテゴリーは中小企業を対象にしていますので、今後は中小企業が利用しやすい補助金・助成金について個別に説明していきます。

とくに補助金は申請書を提出して採択されなければ給付をうけることができません。

 

採択されやすくするためのテクニックについても説明していきますので、このサイトをお気に入りにいれていただければ幸いです。

 

まだサイトを立ち上げたばかりで説明がわかりにくい箇所が多いかと思いますが、順次更新を重ねながら体系的な構成にしていきたいと思います。

コメント