藤枝市在住者が車検する会社を考えてみた

雑学

こんにちは!!藤枝ふうふの(@haizen211)です。
生活する上で、必ず発生する高額費用に車検がありますよね。
常日頃、少しでも節約したいと考えている(@haizen211)が車検について足で調べて、実際に利用してみた結果を紹介します。

 

車検は新車で3年、中古車で2年に1回行わなければいけない法定車検です。
やらないという選択肢は車の買い替えか処分が必要になりますので、良い車検方法を探すことにしました。

 

情報収集の手段としてネット情報と実際に見積もりを作成してもらい比較しました。
車検の相見積もりを5社以上に依頼したのは藤枝市内では私だけではないでしょうか(;^ω^)

 

車検を依頼する先として多くの人は車を購入した店舗を選ぶ方が多いと思います。
とくにディーラーでは車両購入時にメンテナンスパックをつけることが多く、次回分の車検がパックに含まれているため1度ディーラーに車検を依頼後もそのままディーラーに継続依頼する人が多いです。

 

ディーラー車検と一般の自動車整備場の違いは、整備の方針です。
どちらも点検を行い安全に走行できる状態に整備しますが、ディーラーは故障部品を交換して修理することが多く、一般の自動車整備会社は部品の交換前に修理処置できないか検討します。
ディーラーの対応の方が故障個所が新品部品になりますので安心ですが価格が高くなりがちです。

 

そこで車検の見積もりを複数とることでどこが異なるのか比較してみることにしました。
車検の見積もりは、ディーラー2社(直営、フランチャイズ)、全国的なチェーンのアップル車検、一般の自動車整備工場2社の計5社です。

 

驚いたのは、同一メーカーのディーラーでも見積もり内容が異なったことです。
また、ディーラー同士で見積もりしたことを情報共有されているかと思っていましたが、
直営とフランチャイズだったからか情報共有はされてないようでした。
見積書の内容をディーラー同士で比較すると整備単価は同じでしたが、整備必須と言われる箇所が異なりました。

 

全体の結果としては、直営のディーラーが最も高い見積もりとなりました。

 

見積もりが高くなった理由は、どの整備会社よりも多くの修理箇所を指摘したためです。
見積書には、車検を通すために必ず行わなければいけない修理箇所と快適に乗り続けるために修理したほうが良い任意の修理箇所がありますが、どちらも直営ディーラーが一番項目が多く工賃を稼ぎたいという意味もあるかもしれませんが、快適に車に乗り続けるのであればディーラーに車検を依頼するのが間違いなさそうです。

 

逆に車検が安かったのはアップル車検です。
顧客が希望すれば車検に通る最低限の整備(修理)で対応してくれるため、
とにかく安く依頼したいのであればアップル車検をオススメします。
しかし、他社で修理必須と言われた修理箇所が説明時に指摘されないため不安もありました。
アップル車検は、整備工賃も安かったため適切な整備を安く実施したいのであれば他社で見積もりをとり
修理項目を把握したうえでアップル車検に依頼するといいのではないでしょうか?
相見積もりをとることは悪いことではありませんし、人によって金額重視なのか信頼性重視なのか基準が異なります。
これまで1社に車検を任せていたのであれば、修理の指摘内容も変わりますし相見積もりしてみてください。

 

なお、一般の自動車整備工場については千差万別といった感じでした。
日本自動車整備振興会で提示している修理の点数表があり、その点数表を用いて見積もりを計算しているところや
点数表から一律割引をして提示している会社もありました。
一般の整備工場のメリットをあげれば、同じ人が整備してくるということでしょう。
ディーラーやアップル車検のように何人か整備士を抱えている会社では、どの整備士が担当するかわかりません。
しかし、町の整備工場では何十年も経験をつんだベテランおっちゃん整備士が整備しますので安心感があります。
信用がなければお客が離れてその商売を続けられませんからね

 

それぞれ一長一短ありますので、今回の結論としては整備工場ごとに相当整備内容や金額がことなるので相見積もりをしましょうというお話です。

コメント